ショッピング好きがまねいた落とし穴

年は34歳。埼玉県の郊外に妻と二人で暮らしてます。

勤め先は東京都の渋谷区にあり、小規模な広告代理店で働くサラリーマンです。自宅から東京の会社までの通勤時間はおよそ1時間強で、毎日満員電車に揺られながら通勤しています。

そんな私の楽しみは、ネットショッピングです。

店舗を回りながら買い物をすることも好きなのですが、インターネットをはじめてからは、価格の比較がしやすくなりましたし、何と言っても興味を惹かれた商品をワンクリックするだけで購入できるのはとても魅力的ですからね。

お気に入りのショッピングサイトには、クレジットカードの情報を登録してあるので、欲しい商品を購入する手続きもスムーズで快適ですし、ストレスの発散にもつながっています。

そんな私にある休日、一通のメールが届きました。それはいつも利用しているショッピングサイトからのものでした。この日は買い物をした記憶がなかったし、不審に思いながらメールを開いてみました。

それは、16万円のパソコンをカードで一括購入したという自動返信メールでした。えっ何コレと、焦った私は、そのサイトの購入履歴を確認してみることにしました。

購入履歴ページには、確かにパソコンを購入した履歴が表示されているのでびっくり。直ぐに、食事の用意をしていた妻に、カードが不正利用されたことを伝えました。

すると妻は冷静に、カード会社側に連絡するように言ってきました。24時間年中無休で対応してくれる、私が持っているクレジットカード会社に電話をかけ、カードが不正利用されたことをオペレーターに伝えると、すぐにこれまで使用していたカードの利用停止手続きを行ってくれることになりました。

同時に新しいクレジットカードを再発行してもらうこ手続きも行いましたが、何者かによってカードの不正利用で購入手続きされたパソコンの費用請求についての判断は、少し時間がかかるとのことでした。

見覚えがない上に、16万ですからね。かなり心配でしたが、その翌日、カード会社から連絡が入り、今回のパソコン購入費用の支払いはしなくても良いとのことで、無事解決に至り一安心。人事のように思っていたカードの不正ですが、まさか自分に降りかかってくるとは・・・

それから1週間ほどで、新しいクレジットカードが郵便書留で手元に届きましたが、それ以後は、ショッピングサイトへのクレジットカード情報は、商品購入時ごとに削除するようにして、二度と不正利用されないように対策するようにしています。